外国人本人による在留手続オンライン申請がスタートしました

2022年3月より、外国人の方がじぶんで在留手続をできるようになりました。

オンラインで申請できる在留資格は「外交」と「短期滞在」以外の全ての在留資格です。

「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」もオンラインで申請が可能となっています。

オンライン申請ができる手続きの種類

オンラインで申請できる手続の種類は以下の通りです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請
  2. 在留資格変更許可申請
  3. 在留期間更新許可申請
  4. 在留資格取得許可申請
  5. 就労資格証明書交付申請
  6. 再入国許可申請(注)
  7. 資格外活動許可申請(注)

(注)②~④と同時に行う場合に限ります

オンライン申請を利用できる人

  1. 所属機関の職員(技能実習の場合は管理団体の職員)
  2. 弁護士又は行政書士
  3. 外国人の円滑な受入れを図ることを目的とする公益法人の職員(所属機関からの依頼を受けている場合)
  4. 登録支援機関の職員(所属機関からの依頼を受けている場合)
  5. 外国人本人
  6. 法定代理人
  7. 親族(配偶者、子、父または母)(原則として申請人が16歳未満または疾病その他の事由により自ら申請できない場合に限る)

②~④は申請取次者として承認または届出を行っている必要があります。

オンライン申請に必要なもの

外国人の方がオンラインで在留手続に必要なものは以下の通りです。

  • マイナンバーカード(署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書が必要)
  • 在留カード
  • パソコン
  • ICカードリーダライタ
  • JPKIクライアントソフト(公的個人認証ポータルサイトからダウンロード)

注意事項

  • 外国からはオンライン申請できません
  • 入力を間違えた場合申請した地方出入国在留管理局に連絡してください
  • スマートフォンからはオンライン申請できません
  • 動作保証されているブラウザはGoogle Chrome ver72です
  • パスワードを忘れた場合、在留申請オンラインシステムのログイン画面にある「パスワードを忘れた場合」から再設定ができます

詳しくは、出入国管理庁のホームページをご覧ください。

当事務所の代表行政書士は申請取次資格を有しており、オンライン申請が可能です。

外国人の方が自分で申請することができない場合、時間が無い場合など、当事務所にご相談ください。

Follow me!

投稿者プロフィール

富永大祐
富永大祐行政書士
慶應義塾大学法学部卒 行政書士 法学士 TOEIC885
 認定真空技術士
日系理化学機器輸入商社、日系センサーメーカー、外資系真空機器メーカー、外資系化学装置メーカーを経て、令和2年度行政書士試験合格、
令和3年4月行政書士登録

3児の父、夫
趣味:テニス、ゴルフ